長岡FP事務所のブログ

住宅購入のお金のこと

障害者手帳と障害年金は全く別の制度です

今日のテーマは 障害者手帳と障害年金は全くの別物 というお話しです。 団信の適用条件について 住宅ローンを借りると原則全員が団体信用生命保険(通称:団信)に加入します。 ご存じの人も多いと思いますが、もし債務者(借金をした人)が死亡した時にロー…

【意外と知らない】変動金利の正しい使い方

本日のテーマは 意外と知らない!?変動金利の正しい使い方 です。 思えば15年ほど前、変動金利で住宅ローンを借りることに否定的な人がとても多かったように思います。 10年固定金利は当初1.9%、フラット35の金利も同程度という時代で、変動金利(適用金利…

地鎮祭は必要なのか?

今日のテーマは 地鎮祭は必要なのか? です。 地鎮祭とはなにか 地鎮祭が何かを調べてみると、「家を建てる前にその土地の守護神(鎮守神)を祀り、土地を利用させてもらう許しを得ること」とWikipediaにはあります。 工事が始まる前に、施主家族や神主、ハ…

相次ぐ値上げラッシュで家計の見直しは必須

本日のテーマは 相次ぐ値上げラッシュで家計はどうなる? です。 2022年10月現在、食料品や日用品の値上げが止まりません。 食料品、油脂、燃料、電気、建材など、あらゆるものの値段が上がっています。この背景にはコロナ禍での人件費と輸送費のコスト増、…

情報が多すぎて訳が分からないと思う時

今日のテーマは 住宅を買おうとしているけれど、情報が多すぎて訳が分からなくなる原因 です。 これから住宅を買おうとしている人にありがちなのですが、情報過多になって何も判断できないと感じるケースがあります。 A社では太陽光発電が標準装備だと言い、…

国はなぜ投資を勧めるのか

本日のテーマは なぜ国は投資を推奨するようになったのか です。 ここ最近、積み立てNISAなど国が投資に対して税の優遇をするなど、やけに投資を推奨しているように感じませんか? これに対して陰謀論じみたことを言う人もいます。 「公的年金が破綻すること…

3500万円の家を買うには年収はいくら必要?

今日の話題は 3500万円の家を買うためには年収はいくら必要か です。 年収が高いのに住宅ローンが払えないことも 2022年8月現在、建材価格の高騰を始め物価高の影響を受けて住宅価格がどんどん高くなっています。 地方都市であっても、土地込み3500万円とい…

20代は副業をすべきではない

本日のテーマは 副業をすべきか否か です。 コロナウィルス、異常な円安、世界的な物価高、光熱費の高騰、ガソリン価格の高騰、などこの数十年で最も深刻な経済状況になっています。 まだ危機として実感がない方も多いかもしれません。 しかし賃金の上昇を伴…

【住宅ローン】安全に返せる借入額の求め方

本日のテーマは 住宅ローンを借りられる金額と、実際に返せる金額の目安 です。 住宅購入を検討している人は、こんな言葉を耳にしたことはないでしょうか。 「住宅ローンを借りられる目安は、年収の6倍まで」 聞くのは6倍であったり7倍であったりしますが…

「ミニマリスト」「断捨離」はほどほどに

本日のテーマは 「ミニマリスト」という言葉に踊らされてはいけない です。 ここ数年、ミニマリストという言葉をよく耳にするようになりました。 ご存じかと思いますが、ミニマリストとは「必要最小限の持ち物でコンパクトに暮らすスタイル」のことです。 『…

住宅メーカーでの「FP相談」は信用できますか?

本日のテーマは 住宅メーカーでの「FP相談」の多くは、実は投資の勧誘です というお話です。 住宅メーカーから「ファイナンシャルプランナーをご紹介します」と言われた経験はないでしょうか。 ファイナンシャルプランナー、つまりお金の専門家に家づくりの…

定年退職まで正規雇用で働ける可能性は?

本日のテーマは 「妻の将来の収入をどう想定すべきか?」 です。 弊社でライフプランのアドバイスをするときは必ず、「収入の額」そして「それはいつまで想定しているのか?」ということを質問しています。 例えば28歳の現時点で夫の収入が420万円、妻の年収…

今は住宅購入を控えるべきなのか?

本日のテーマは 円安にウッドショック、ウクライナ紛争にコロナウィルス、今は住宅購入を控える時期なのか? です。 最近、ウッドショックという言葉を聞く機会が増えました。これを簡単に解説すると、北米や中国での住宅需要と世界的な人件費の上昇などの影…

住宅営業パーソンの見極め方!

本日のテーマは 住宅メーカー選びは営業パーソン選び! です。 住宅を購入するとき、特に注文住宅を建てる時には必ず営業パーソンと接触することになります。 住宅展示場や住宅メーカーのオフィスを訪問すると、必ず営業パーソンが接客をし、建物や契約手続…

三大疾病保障付き住宅ローンのメリット・デメリット

今日のテーマは 三大疾病付き住宅ローンのメリット・デメリットは? です。 住宅ローンを借りるとき、団体信用生命保険(団信)と呼ばれる生命保険に強制的に加入することになります。もし債務者が死亡したら死亡保険金で住宅ローンが完済され、遺族に負債が…

生命保険は必要か不要か

今日のテーマは 生命保険は必要か不要か です。 【注意】 この記事は、生命保険の個別の商品性を説明したり、特定の商品を推薦するものではありません。ファイナンシャルプランナーとしての主観のお話です。 この10年くらい、ロジカル(論理的)であるという…

【レギュラーガソリン】1リッター200円時代へ

今日の話題は ガソリン価格リッター200円時代へ です。 最近、どんどんガソリン価格が高くなっています。 毎日クルマを使う人は値上がりを肌身で感じていると思います。 2022年1月31日時点での全国のレギュラーガソリンの平均価格が170.9円となり、政府によ…

家計は「誰が」管理すべきか?

今日のテーマは 家計の財布は誰が管理すべきか? です。 家計を管理するのは、妻なのか、夫なのか、それとも共同作業なのか。 そこを考察してみました。 先日、とある月の25日のことでした。午前中、近所にあるショッピングセンターのATMに用事があり立ち寄…

本当に欲しいものを買うべき

今日のテーマは、 買うか・買わないかの判断はどうつける? です。 日常生活で少し大きな買い物をするとき、迷いますよね。買うべきか、辞めておくべきか、あるいはもっと安いものを探した方がいいのか、など何日も迷う経験は誰でもあると思います。 住宅や…

住宅ローン金利が上昇するという報道には注意

本日のテーマは 住宅ローンの金利が上昇するというマスコミの報道には要注意 です。 最近次のような報道が多く見られます。 長期金利が6年ぶりに0.185%まで上昇したため、メガバンクが住宅ローンの長期固定金利を上げた、という内容です。 この報道を見ると…

やってはいけない貯蓄方法

今日の話題は、 今後絶対にやってはいけない貯蓄方法 です。 最近、このような報道がありました。 news.yahoo.co.jp どういうことかと説明すると、ゆうちょ銀行で「硬貨」を預入したり引き出したりするごとに手数料がかかるようになったということです。 例…

同居婚なら20代でも遺言書を作成すべき

今日のテーマは 家を買ったら遺言書を作成しましょう です。 遺言書と聞いて、何をイメージするでしょうか。 おそらく80代の高齢者、それも裕福な資産家が用意するものと考えているかもしれません。 確かに遺言書は資産を持つ人が、遺族間でトラブルとならな…

メルカリとヤフオクの違いに見る、時代の変化

今日のテーマは メルカリとヤフオクの違いに見る、時代の変化 です。 メルカリやヤフオクというサービスを利用したことはあるでしょうか。知らない方はほとんどいないと思います。いわゆるフリマアプリと言われるものです。 簡単に言うとフリーマーケットを…

もっと長期的な視点でお金の価値観を考えてみる

今日のテーマは 10年後、20年後のお金の価値観について考えてみる です。 弊社代表の長岡は、1971年生まれです。高校を卒業したのは1990年。ちょうどバブル経済の最末期に卒業しました。 当時、まだ18歳だった私にも景気の過熱ぶりは分かりました。銀行に預…

家庭内で貧困になっている人がいないか?

今日の記事のテーマは、 家庭内で貧富の格差が生まれていないか?です。 いつもと違い数字を多用しない記事なので、気楽に読んでください。 弊社でライフプラン相談会をすると、その家庭の収入と支出の構造を全て開示していただくことになります。 年収がい…

住宅ローン減税の改正はどう影響する?

本日のテーマは、住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)の改正について、です。 2021年11月18日に、2022年度税制改正論議向けて国土交通省の案が判明したとマスコミが報道していました。 住宅ローン減税の詳しい制度内容についての説明は割愛します。国税…

家計の余力で住宅ローンを返済する

今日のテーマは 住宅ローンは家計の余力で返すと考える です。 住宅ローンを借りる時、何年返済にしているでしょうか。 多くは35年~40年だと思います。 今まで生きてきた年数以上の年月を費やすことになります。 もはや住宅ローンの返済が人生の最終目標の…

持分割合を決めるときの「取得費」とは

今日の話題は 共有名義の持ち分が必要になる支出は? です。 土地と建物を購入したり、マンションを買おうとするとき、夫婦共有の名義として登記することがあります。 共有の名義とは、その名の通り、夫1/2・妻1/2というように持ち主の割合を決めて登記する…

永住権のない外国籍の人の住宅ローン

今日のテーマは 日本国籍のない人が住宅ローンを借りることは出来る? です。 出入国在留管理庁が発表する資料によると、令和2年6月末での在留外国人は約288万人いるとされています。国籍ごとの内訳で上位5ヵ国とその人数は、 中国 786,830人 韓国 435,459…

奨学金の滞納に要注意

今日のテーマは 奨学金の返済が滞ると住宅ローンは借りられない です。 経済的な理由で進学が難しいが成績が優秀な学生に対して、学費を支援してくれる制度がご存じ奨学金制度です。進学をすることで十分な収入が得られる職業に就くことが出来るので、そこか…